2014年08月07日

姫路駅前開発についての考察

姫路駅前開発がだんだんと形になってきました。
デザインが賛否両論です。
以下、その見どころ?を紹介致します。
019582f1b31973e47603623e29eed4cfb227180bce.jpg



駅入り口の展望デッキ(名称キャッスルビュー)
デッキが城と対峙するよう、鉄道の軸からシフトした位置に配置しています。
かがり火をイメージしたアッパーライトもなかなか美しいと思います。
01e845a49918d8428756b457b6a2ba33f22f96724c.jpg

展望デッキからバスターミナルへと続く空中歩道
展望デッキの床板は無垢材を使用しているのですが、そこからバスターミナルへ続く歩道は木に似せた樹脂製です。展望デッキと同じ素材を使って欲しかったです。
01fa82a2e1b61df7437e4f4af24cfd3e44c1ebb1a6.jpg

サンクンガーデン(名称キャッスルガーデン)
「姫路城の予告編としてのエントランス空間」がデザインコンセプトのようですが、矩形の石材を平積みした外壁や、プランターから垂らしたアイビーの植栽がむしろ西洋の城を彷彿させてしまいそうです。
壁面を緑化したいなら、日本の山野草のテイカカズラなどがいいのではないかと思います。

夜になると、ガーデン内は、上から照射する照明ではなく、フットライトなどの低い照明を用い、雰囲気を良くしていますが、頭上の駅ビルのアルミパネルの点灯が派手なのでちょっと残念です。
01c5611f354d262d6782bec1d0121cf847a9680218.jpg

地下街への階段
主張しすぎな地下街へのサイン。
お城よりも地下のテナントを見せなければならないのでしょう。
※追記 この記事の投稿から2年後にカッティングシートは剝がされました。
0118b8c4dfcf29572b7ce9b54208ebb83cec6feed2.jpg

歩道にある地下街への階段
サインは四面にあります。赤色で目立ちます。
経済の為にはお城よりも目立たせなければならないのでしょう。
0181ca15a47865232d191e9cd716b02b0b57c69b02.jpg


高架下。駅ビルとの間の通路
パステルカラーの壁
カラフルなカラータイル
01d73f8ed1f4fa5e2a497b9e59ed73f927c538a6fa.jpg

ロータリーにある交番
立派な公衆便所のようです。
01d5a4621b5ad5f46d82bf1b4abdef78d7aa4c51f3.jpg

駅前歩道
我が国特有のカラフルなカラー舗装歩道。実に4色も使っています。
日本の歩道は1色で済ますことがどうしてもできないようです。
01f7d20c1cf16c7803f44822c5fb54d85d728627ff.jpg
ロータリーの歩道
1色でいいと思います。
013a9e3a07837e7387f76a9b9a15dc50883d6999dc.jpg

バスレーン
とてもシック。ピンコロ舗装が雰囲気いいです。
このテイストで歩道も舗装したら良かったのにと思います。
018df9e743b7b0ca9054c3d7fd213c6239cd8de63b.jpg

タクシープール
シックです。
舗装の色をグレーにするだけで街の雰囲気は重厚感を増します。
01942308ea67f80593250a5602fceb427ee5d52de1.jpg

神姫バスのターミナルビル
テナントエリアにカラフルなテナントの看板が付かないことを祈りますが、多分付くでしょう。
01f509bc07f5ea06dc6c5afb6a162d39b08c4f39a5.jpg

フェスタビル
テナントの派手な看板が目立ちます。
01fd1d469fdf93bd1713376b50a1503340938f2adf.jpg

観光案内所
こちらはなかなか都会的なデザインです。
0105c39cd9e10cd00b570b50e2d0904423ac5cbd4b.jpg

アーケード街への入り口
木に似せた鉄板を張り付けてあります。
0102df95bce87eab45eff165e855148f610237f256.jpg

植栽スペース
植栽はするようですが、大きく育てるつもりは無いようです。
012fd7d91914c3cdd9ce30ecadaa6d94798e0f72da.jpg

以前からの街路樹
立派です。風格ある町並みに立派に育った街路樹は必須です。
ですが、近々強剪定するとの情報が。
011a49b50cac9214033b6a32d9ae06e32200251c9d.jpg

駅真正面に世界遺産を望み、メインストリートの幅は50メートル。こんな素晴らしいポテンシャルをもった都市は他には無いでしょう。
もし、今回の再開発が、建築物(駅ビルや再開発ビル)歩道、広場、植栽が一体的にシックで美しくデザインされれば、街の風格も上がり、もっと注目もされたであろうに残念です。
※今回の駅前再開発のデザインチームは途中で解散してしまい、今後行われる大手前通りの再整備デザインは、市が手掛けることになったそうです。デザイナーも起用していないとのことで、よりいっそう統一感のない街並になってしまうかもしれません。

戦前の日本はヨーロッパにもひけをとらない美しい街並だったと思います。
使われる素材が極端に少なかった為、それゆえに統一感が出せたのです。

「日本って西洋に憧れて、なとうとがんばったけれどなれず、その間に昔からの日本的な伝統も忘れて、結局なにも主張するものがない国という感覚がある」と有名な人が本に書いていました。
posted by PARLAND COFFEE at 20:31| 駅前周辺