2017年07月22日

大手前通り再整備で花壇を作る計画が!

0154bd8e3e6e4f7b45f0ad20d8bd02690ff91ede5c.jpg

姫路の大手前通りの再整備が進んでおります。
世界遺産姫路城下の目抜き通りに相応しい、シックで重厚な街路になって欲しいと願います。

が、なんと、花壇を作る計画があるのです!
お決まりのパンジーやビオラなどのカラフルでポップな花々はシックさや重厚さとは相反するもので、城下町の景観に相応しいとは到底思えません。

花壇は年4回植え替えをするそうで、それも理解しがたいです。なんなら笹でも植えればよいのに。
しかも市民参加という名目でもって、市民や協賛企業のボランティアにより、好きな草花を植えさせ、管理までさせるという計画です。
そんなことをしたら、皆が皆、好き好きにてんでばらばらの草花を植え、デザイン的には全く統一感のない花壇になることは必定でしょう。行政によるデザインコントロールは絶対に必要かと思います。

そこで僕は先日、このプランに反対の意見を述べる為に、大手前通りの活用について市民が意見を述べることのできる会合に参加してまいりました。参加費3000円を支払って。
そこでの行政の担当者からの回答は以下の通りでした。

1、花壇は城近くではなく、駅近くに作る予定なので、姫路城との調和は特に考えていない。
2、デザインコントロールは必要だとの意見があるが、あえてそれをしないで、市民に好き勝手に作らせるのは前代未聞のことなので、話題性がある。

僕はこのような行政の考え方には断固反対です。
大手前通りは駅から城まで同一コンセプトでデザイン設計するべきで、それにより大手前通りのスケール感や格調をアップさせることができると考えるからです。
デザインコントロールの必要性も先に述べた通りです。

01c2750fa4a4f9b1059d53ad8bb9417d3e20a5cfa1.jpg
上の写真の通り、花壇自体の工事は既に着工しています。
せめてホームセンターに売っているような園芸の花や西洋の植物を植えるのではなく、好古園の前の道のように、シンプルに笹を植えたらどうでしょうか。

追記:
数回行われた会合の場で街路建設課に提案しましたが、僕のプレゼンテーション能力の低さゆえに残念ながら採択される見通しはありません。
ただ、やはり花壇反対の意見は多数あるようで、この声が街路建設課にもっと届けば、ちょっとは響くのかなとも期待します。まだ花は植えられてませんから。
posted by PARLAND COFFEE at 19:30| 駅前周辺